FUN展ロゴ

ABOUT

FUN2020

写真仲間で毎年開催しているFUN展も5回目となります。今年はコロナの影響で誰もが想像もしない世界になりました。もの作りの人間として作品を発表する場が困難な環境になっている中で、自分たちは何が出来るか改めて考える機会となりました。

写真を撮る行為とは、何かを残したいと思いシャッターを切る行為かもしれない。そんな状況の中で私たちは写真とどう向き合うか、そして何を表現して何を伝えたいか。

一生心に残るだろうこの一年に、メンバーそれぞれが受けた心の中を表現したいと思います。

小林 浩志 / 樋口 涼 / 谷口 巧 / 夏井 瞬

過去のFUN

Instagram

FUN展 インスタラム

MEMBER

  • 小林 浩志

    KOJI KOBAYASHI

    回遊魚のごとく常に移動。
    すべてに好奇心を持って生きる。
    常に移動する中で興味を惹かれた数多くのものは
    美術全集(小学生中学生の頃の愛読書)/短距離(100m11秒フラット)/編集(企画からデザインまで制作数不明)/写真(国内外、対象を問わず海中、空撮を含め100万カット以上撮影多分)/ビデオ(100本以上製作)/表具(写真で軸装・屏風の制作多数)/骨董商(露天商)/前引き大鋸(約900丁収集)/こけし(約300収集)/画廊(3年で失敗)/ギャラリー(気が向いたら開催今までに4回)/3.11被災地海岸線の全撮影(変化も含め継続中)/展覧会(フランス・ドイツ・ベルギー・スペインなどで現代アートの仲間達と)/キリスト教・仏教・神道(寺院巡り)/神主
    さて、これから何に惹かれるのか。

    なお、一般的には建築写真家

    icon_link株式会社スパイラル
  • 樋口 涼

    RYO HIGUCHI

    1979年 神奈川生まれ
    2003年 東京造形大学 造形学部デザイン学科視覚伝達専攻 写真コース卒業

    2004年に同大学研究生修了後、アルバイトしながら写真制作活動する。
    その後、写真スタジオでアシスタントを経てカメラマンとなり在籍。
    2013年に独立し、広告や雑誌などでカメラマンとして活動しながらも写真制作を続けている。

    受賞歴
    2007年 神戸ビエンナーレ アーティスティックフォト100人展 入選
    2012年 サポートアワード 馬車道大津ギャラリー賞 受賞
    同受賞により個展開催
    2013年 U35 JAPAN AWARD 写真部門 受賞

    icon_link樋口涼 Official Site icon_link富士フィルム X-Photographersサイト
  • 谷口 巧

    TAKUMI TANIGUCHI

    instagram

    1975年 京都市生まれ
    1999年 立命館大学文学部卒業
    松濤スタジオ勤務、アシスタントを経て、
    2003年 独立
    2011年 写真集『東京ブルー』(圓津喜屋)
    2012年 写真集『東京タワーズ』(幻冬舎)を上梓
    人物、風景を中心に広告、雑誌等で活躍中

    「1に届け」その想いで撮ってます。

    icon_linkTakumi Taniguchi Photographer
  • 夏井 瞬

    SHUN NATSUI

    instagram

    1981年、東京生まれ。2012年、デジタルコンテンツを中心とした企画・制作に携わる「株式会社 イイ人」を設立。写真は今の自分そのものを写してくれる。過信せず地に足をつける姿勢を保ち、自分らしい表現を心がけています。

    icon_linkShun Natsui icon_link夏井瞬写真展「波展」2020 in BAYFLOW 吉祥寺

INFO/ACCESS

展示会情報・アクセス

  • 期間

    2020.12.16(水)-2020.12.23(水)
    11:00 - 20:00
    入場無料

  • 会場

    H.P.S. (特設ギャラリー)
    東京都新宿区早稲田鶴巻町390コブカタビル1F

    H.P.S.特設ギャラリーMAP icon_linkGoogle MAPでみる
  • アクセス

    東京メトロ
    東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅 [1A出口]より徒歩5分

    東京メトロ東西線「早稲田」駅 [1出口]より徒歩11分

    都電荒川線
    東京さくらトラム都電荒川線「早稲田」停留場より徒歩10分

  • MAP